予約優先 ご予約・お問い合せ

0568-26-7688

にしはるデンタルクリニック NISHIHARU DENTAL CLINIC

妊娠中のお口のトラブル

Pregnant trouble

ご予約・お問い合せ

0568-26-7688

24時間ネット予約はこちら

自宅でも簡単にできる!
妊娠中の口腔ケアについて

妊娠中はお口のトラブルに要注意!?

  • 妊娠によりホルモンバランスが崩れ、お口の中が荒れてしまった・・・。といったお悩みをよくお聞きします。妊娠中のホルモンバランスの崩れは、歯周炎・口内炎・口臭・虫歯など様々なお口のトラブルを引き起こします。

    さらに、今まで口内をきれいに保っていた唾液の分泌量が減ってしまうこともトラブルの原因に挙げられます。唾液には抗菌作用・洗浄作用などの働きがあり、普段歯や歯肉などを守ってくれています。しかし唾液の分泌量の低下に伴い、それらの働きが弱まり虫歯や歯周病などを引き起こす菌が繁殖し、口内に悪影響を引き起こしてしまうのです。

歯周病菌は「早産」や「低体重出産」を引き起こす!?

  • 実は口内環境の悪化が、お腹の中の赤ちゃんに影響を与えてしまうことがあります。子宮の筋肉は口内の歯周病菌に影響を受け、陣痛に似た動きを引き起こします。するとその動きに影響を受け、胎児の早産や低体重出産が起こる可能性があると言われているのです。これが歯周病菌が早産や低体重出産を引き起こすメカニズムとなっています。

    早産や低体重出産は、症状として新生児死亡や脳性麻痺、知的障害、てんかんなどに繋がる可能性もあります。

    きれいな口内を守るための口腔ケアは、お母さんのためだけではなくこれから生まれてくるお子様のためにもなります。そのためには継続的な口腔ケア、歯科検診がとても大切なのです。

今日から実践!簡単お口のケア

歯ブラシは小さいサイズを。

妊娠中のデリケートな歯肉には、小さめの歯ブラシで優しく磨くことがオススメです。

奥から手前に磨く。

歯を磨く際、歯ブラシを手前から奥に動かしてしまうと吐き気を催してしまう場合があります。奥から手前に動かすことで改善されます。

磨くときは顔は下向きで。

歯を磨いている最中、唾液がのどの奥に溜まり吐き気を催してしまう場合があります。お顔を下向きにして磨くことで改善されます。

歯磨き粉はにおいの弱いものを。

歯磨き粉はにおいの弱いものを使用してみましょう。

うがいはこまめに。

歯磨きが難しい場合もあると思われます。そのような時はこまめにうがいを行うか、マウスウォッシュ(洗口液)や歯間ブラシ、糸ようじ(もしくはデンタルフロス)などを使用してみましょう。

なにか気になるようなことがあればお気軽に当院歯科医師・衛生士にお問合せ下さい。お腹の中にいるお子様のためにも、お母さまご自身のためにも、上記の対策を行い口内環境をきれいに保ちましょう。

当院は「マタニティ歯科」に取り組み、母子ともにお口の健康を守っていきます。