予約優先 ご予約・お問い合せ

0568-26-7688

にしはるデンタルクリニック NISHIHARU DENTAL CLINIC

妊婦様、授乳中の患者様

Pregnant women

ご予約・お問い合せ

0568-26-7688

24時間ネット予約はこちら

妊娠中の患者様へ

妊娠初期(0週~15週)

  • 基本的に局所麻酔薬の胎児に与える影響は無いと考えられており、治療・外科処置・麻酔は問題ありません。
  • 基本的に歯科医院では投薬は行っておりません。
  • 歯科領域内においてレントゲン撮影は安全ではありますが、緊急時以外は行いません。

妊娠中期(16週~27週)

  • 妊娠中期は最も安定している時期であるため、治療・外科処置・麻酔は問題ありません。
  • 基本的に歯科医院では投薬は行っておりません。
  • 歯科領域内においてレントゲン撮影は安全ではありますが、緊急時以外は行いません。

妊娠後期(28週~39週)

  • 長時間仰向けの体制をとることで低血圧、胎児への血量の減少等が引き起こされるため、基本的に緊急処置が必要な場合以外は治療を行いません。
  • 当院では出産予定日の2ヵ月前までに治療が終了するようにご予約をお取りするよう勧めています。

妊娠中の薬剤の投与時期が
胎児に与える影響

  • (~4週)流産
  • (4週~15週)奇形
  • (16週~分娩)胎児に対する毒性

妊娠時の歯磨きは
普段以上に丁寧に行ないましょう

  • 女性のホルモン量が変化する時期として、妊娠時と更年期があります。特に妊娠時は、妊娠2ヵ月から8ヵ月の間に歯茎の腫れがひどくなる妊娠性歯肉炎という状態になることが多いです。

    これは、歯周組織中の女性ホルモン(プロゲステロンやエストラジオール)が増えたことに伴い、歯周病菌(プレボテラ・インターメディア)が増え、歯茎の腫れを引き起こしていることが原因となっています。ぶよぶよになった歯茎は指や歯ブラシなどの刺激によりすぐに出血し、場合によっては妊娠腫(妊娠性エプーリエス)と呼ばれる、歯が隠れるほどの腫れを引き起こすこともあります。初めて体験するこれらの症状に驚き、歯科医師のもとを訪れる方は少なくありません。

    以上で述べた症状は妊娠以前の歯肉炎が背景にあるため、原因となったプラークや歯石を取り除くことで対処できます。産後のホルモンバランスの回復により症状が和らぐこともありますが、その後も定期健診などにより口の中を清潔に保つことが大切です。