予約優先 ご予約・お問い合せ

0568-26-7688

にしはるデンタルクリニック NISHIHARU DENTAL CLINIC

ドライマウスの改善法

Dry mouth

ご予約・お問い合せ

0568-26-7688

24時間ネット予約はこちら

昆布の「うまみ」がドライマウスを改善する!?

日本料理ではおなじみの味覚である「うまみ」。最近ではうまみは甘み、酸味、塩み、苦みに続く“第5の味覚”として世界でも認められている。理由として、2002年に人間の舌の細胞にある受容体がうまみ物質であるグルタミン酸を特異的に受け止めている事が発覚したからである。現在、うまみの健康作用は医療現場でも注目され、活用されている程である。東北大学大学院歯学研究科の笹野高嗣教授はドライマウスと呼ばれる、唾液(だえき)の減少により口の中が乾燥する症状の改善にうまみを活用している。

笹野教授は「今まで有効と考えられていたレモンなどの酸味は、刺激が強く、早く消えてしまう。それに比べ昆布などのうまみは口当たりも良く、後味が残る。したがって、舌の味蕾(みらい)細胞で感知された後の唾液反射が長く続き、酸味に比べ唾液の分泌量・持続時間が格段に優れているのである。」と述べる。唾液分泌には2種類あり、大量に唾液を出す「大唾液腺」と口内に広く分布し唾液に粘り気のある「小唾液腺」がある。ドライマウスの改善には小唾液腺の分泌が効果的であり、うまみにはこれを強く促す効果があるという。うまみは唾液を増やすためのスイッチとなるのである。

現在、高齢者の中にはうまみが感じられない「うまみ障害」が多くみられるという。これは唾液の減少により引き起こされ、食事にうまみを感じられず食欲の低下を招き、結果として痩せていってしまうという症状を引き起こす。笹野教授は「甘み、塩み、酸味、苦みの4味はわかるが、うまみが感じられず料理をおいしいと思わなくなる。これは唾液の減少によって味蕾細胞にうまみが運ばれなくなることによって引き起こされており、唾液の増加によりうまみの感度が回復し、食欲を取り戻し体重が増加し、健康を取り戻すことが多い」という。笹野教授が薦めているものが、昆布茶による治療である。昆布茶にはグルタミン酸が豊富に含まれているため、これを3倍程度に薄め、30秒ほど口に含むということを1日3回行う。これを毎日続けると、約8割の患者の口の渇きが改善されたという。副作用がなく、安全に治療できる方法である。

~「うす昆布茶」でドライマウスを改善~

  1. 昆布茶を作る。塩分をとりすぎないよう3倍に薄める。塩味を感じないくらいでもうまみをとる効果は充分ある。

  2. ペットボトルに入れるなどして携帯し、こまめに口に含む。30秒ほど口に含むことがポイントで、充分に味覚を刺激する。その後は吐き出すか、飲み込む。

うまみが医療に活用されているのはドライマウス対策だけではない。消化管にもうまみを感じる受容体はあり、消化吸収などを促進している。胃もたれの改善に流動食にうまみ物質を入れることで改善をはかる試みや、抗がん剤の副作用で味覚を感じにくくなった患者にうまみを強化した食事を提供する試みもある。これからのうまみの健康に対する効果が期待されている。

うまみ物質にはグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などがあります。「うまみ」が多く含まれるものとして、以下のものがあります。

グルタミン酸
  • 昆布
  • チーズ
  • イワシ
  • 白菜
  • 熟したトマト
  • トマトケチャップ
イノシン酸
  • カツオ節
  • 煮干し
  • サバ
  • 豚肉
グアニル酸
  • 干しシイタケ

唾液の増加は食欲の増進に繋がり、健康に貢献する。

そのためには日常的にうまみを取り入れることが大切であり、健康な体づくりのために必要なことなのである。

あいうべ体操
~人間本来の鼻呼吸で免疫力アップ~

口と鼻は命の入り口、キレイに保ちましょう。

口を大きく「あ~い~う~べ~」と動かします

できるだけ大げさに、声はゆっくりでOK!

1セット4秒前後のゆっくりとした動作で!

一日30セット(3分間)を目安にスタート!

あごに痛みのある場合は、「い~う~」でもOK!

お風呂で、トイレで、通勤途中に、親子で、いつでもどこでも思い出したらやってください。

舌が下がっている

  • ベロの位置は上あごにピッタリ!
  • ため息は厳禁!
  • ベロは「あいうべ体操」で!
  • 足指は「ゆびのば体操」で!
  • どちらもしっかり伸ばして健康に!

適正な舌の位置

  • アレルギー性疾患(アトピー、喘息、花粉症、鼻炎)
  • 䐲原病(関節リウマチ、エリテマトーデス、筋炎、シェーグレン)
  • うつ病、うつ状態、パニック障害、全身倦怠
  • 腸疾患(胃炎、大腸炎、便秘、痔)
  • 歯科口腔(ペリオ、ドライマウス、顎関節症、虫歯、歯列不正)
  • その他(イビキ、尋常性乾癖、高血圧、腎臓病、風邪など)